あなたの人生を明るく変える会話術・・

Perfect Communication 〜あなたの人生を明るく変える会話術〜

フラワーギフト スキューバダイビング人見知り、口ベタ、あがり症を完全克服! コミュニケーション能力を高めたいあなたへ
この手紙は、人見知りやあがり症などで日々のコミュニケーションに悩むあなたに向けて書いたものです。
かつて、人間関係が嫌になって、引き籠り寸前まで追い込まれた私が、なんのストレスも感じずに自由に他人と話せるようになった方法のすべてを公開しています。
もし、今のあなたの現状が、とても一人では解決できそうもない状態なのであれば、 この手紙の内容を一字一句逃さず読んでください。
人間関係解決のヒントが得られるはずです。
はじめまして。山口修と申します。
私はコミュニケーション・アドバイザーとして、
500人以上の方から会話の仕方や人間関係についての相談を受けてきました。
私自身、コミュニケーション・アドバイザーと名乗っているだけあって、
誰とでもどんな状況でも人間関係を構築することができます。
たとえ、新しい土地に引っ越ししたとしても、
その日のうちに近所の人間全員と仲良くなることができるでしょう。
初対面の人と会話したとしても、
数分後には相手と信頼関係を築き、親友のように仲良くなることもできます。
実際に、居酒屋でたまたま隣に座っていた男性と仲良くなり、
その後、キャバクラで数万円おごってもらったこともあります。(もちろん本当です。)
質問ですが、うまく会話が出来るようになるためにどのようなトレーニングが
必要だと思いますか?
とにかく慣れるために多くの人と話す。
発声練習をする。
相手に話を合わせられるように話題を豊富に集めておく。
上記のようなことを思いつくのではないでしょうか?
もちろんこれは間違いではないでしょうし、ある程度の効果は見込めると思います。
しかし、人がコミュニケーションに悩む根本原因を理解しておかないと
どんなトレーニングをしたとしても劇的な効果は望めないのです。
まず、コミュニケーションがうまく取れない原因として、
人間の防衛本能が大きく影響しています。
私達は自分を外界のいろんな状況から守るために自己防衛本能と呼ばれる本能を持っています。
これは、外敵から身を守るために、無意識に危険なことを避けようとする本能で、
私たちの祖先が野生であった時にとても重要で意味のあるものでした。
しかし、世の中が豊かになり、外敵に襲われる心配の無くなった現代においても
防衛本能は私たちの深層心理に根強く残っているのです。
そのため、対人コミュニケーションにおいて
嫌われるのが怖くて、言いたいことが言えない。
人との間に壁を作ってしまう。
何を話していいか分からない。
人と話すときに緊張してしまう。
などの問題が起きてしまうのです。
自分をさらけ出す事や親しくない人と接することが危険だと本能的に感じてしまって
消極的な行動しかできなくなってしまうのです。
だから、コミュニケーション能力を高めるためには、この防衛本能を
解除することが不可欠なのです。
コミュニケーション能力を身に付けるプロセスは
@防衛本能を解除する
Aコミュニケーションの基本を理解する
B聞き方や話し方のスキルを身に付ける
この3つです。
かなりシンプルなので拍子抜けしてしまうかもしれませんが、
ここまで簡略化しているからこそ、いままで500人以上の方の悩みを解決することが出来たのです。
上記のようなプロセスを1日5分、2週間の期間で訓練していくことで
どんな場面でも対応できるコミュニケーション能力が形成されるのです。
今からお話いていく内容は、一見胡散臭くて信じがたい内容かもしれません。
ですが、読んでいくうちに誰にでも実践可能な独自の理論に基づいた
科学的な方法論だという事が理解できるはずです。
さらに、人間の本能に基づいた普遍的で色褪せることが無い方法だという事も
ご理解いただけると思います。
まずは、私がこの方法をマスターするに至った経緯をお話しさせて下さい。
誰とでも気軽に会話が出来るようになったあなた自身をリアルに想像できることでしょう。
大阪のある街で私は生まれました。
両親は公務員の中流家庭で育ち普通の人と何ら変わりなく育てられましたし、
勉強やスポーツも平均以上できました。
女の子にも割とモテた方だと思います。(自分で言うのもなんですが・・・)
友達とも普通に仲良くやっていたので、
自分に対するコンプレックスなどは全くありませんでした。
しかし、その後、私の人生は大きく変わることになるのです・・・。
やがて中学を卒業し、私は地元の高校ではなく、隣町の進学校に入ることになります。
新しい生活への期待感に胸を膨らませながら、私は学校の門をくぐりました。
しかし、そこで思いもよらないことが起きたのです。
周りの人間との接し方が分からない・・・。
それもそのはず、小・中学校では子供のころから慣れ親しんだ友達ばかりでしたが、
ここは隣町の進学校。
私の知っている人などいるはずもありません。
私自身、見ず知らずの人間と話す機会が初めてだったのです。
この時初めて、自分が人見知りをする人間だという事を知りました。
周りの人の視線が気になったり、変に思われるかもしれないと気になって
人に話し掛けられないといった状況に陥ってしまったのです。
自分の中で初めての経験だったので相当戸惑ったことを覚えています。
何とかしなければと焦るのですが、思うように事は進みませんでした・・・。
入学して2カ月ほど経とうとした頃、クラスの中では徐々にグループが出来つつありました。
私はなんとか皆の輪の中に入ろうと努力しましたが・・

posted by 恋愛キューピット at 22:00 | Comment(0) | 恋愛・コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。