生で恋愛テクニックを学んで・・

川村大地の『一撃必殺口説き術』

口説く,落とす,初心者,川村大地,恋愛ホームお申し込み収録内容限定特典特定商取引法の表記用はこちら--
はじめまして。
恋愛マスターの川村大地と申します。現在は、恋愛ノウハウ本の執筆活動
大学講師としてコミュニケーション学、心理学を教える活動
TV、ラジオ、雑誌等のメディアでの活動
恋愛セミナーを通じて、生徒さん達に恋愛を学んで頂いたり
共に合コンやキャバクラへ行き、生で恋愛テクニックを学んで頂いたりと
恋愛全般の仕事をしております。今までに日本全国で何千人もの恋愛で悩む方とお会いしてきましたがほとんどの方は「好きな女性を口説けない」といった
悩みを抱えていました。よく周りの女性から「イイ人だね!」とか「優しい人だね!」とか言われるけど全然、自分に対して恋愛感情を抱いてくれない・・・。だとか、、、知り合った女性とは、いつも友達以上の関係になれない・・・だとか、、、メールをしても返事がなかなか来ない・・・だとか、、、デートに誘っても断られてしまう・・・だとか、、、では、どうして
あなたは、意中の女性を口説けずに失敗してしまうのか・・・意中の女性を振り向かせられず恋愛を失敗してしまう典型的な男性の事例をご紹介いたします。女性の事を褒めれば喜ぶ、好意を得られると信じて、自分の事は主張せずに女性に話を合わせたり同意ばかりをしてしまっている男性は多いです。しかし、その様な行為では女性との共感は得られる事になりますが、好意を自分に向けさせる事は出来ません。女性が男性に本当に求めているものを知らなくては女性の好意を得る事は出来ません。何故なら、女性が発する言葉というのは、表と裏が有ります。女性は無意識的に自分の本音を包み隠そうとしているので、女性の言葉通りに共感や同意をしてしまっていると、女性の気持ちを自分に向けさせるポイントを刺激出来ません。その為には、女性が発している裏の意味を知らないといけません。良く「聞き上手は女にモテる」と言われますが、多くの男性がこの意味を履き違え、ただ女性の話を聞く事だけに意識を傾けてしまっているのです。本当の意味での「聞き上手」というのは、女性の言葉の裏の意味を察し、相槌や返事をして女性の気持ちを自分に向けさせる事が出来るのです。しかし、その視点を持つ為には難しいスキルを持つ必要は有りません。自分に気持ちを向けさせようとする焦りの思いが、女性の言葉の本当の意味を見抜けなくさせているだけなので、冷静な視点さえ持てば充分可能です。ですから、女性とのコミュニケーションを取る時には、一歩引いたスタンスを取る事も重要なのです。勿論、本当に引いてしまっては女性の気持ちは離れるだけなので、あなた自身の気持ちでこのスタンスを持つ様にしましょう。女性と会話をする際、全て自分の主観で物事を決めて話す男性がいます。例えば、女性「この服どうかな?」男性「え。○○に合う服は絶対これだよ。これ以外は似合わないよ。」これは極論になりますが、自分が「こうだ」と思っている事が、合っていようが間違っていようが関係なく、「正しい」前提で話しを進めてしまう男性は結構います。例えば、「頑固親父」などがそうです。「頑固」という言葉は、男らしく聞こえますが、「一緒に居て楽しみたい」場合、多くの女性はこうした男性を面倒に感じてしまいます。自分の意見が全てという事は、相手の事を考えていないことになります。女性は男性からは「自分の事を考えていてほしい」と考えるものですので、自分の事を考えてくれない男性には一線を引いてしまうことがあるのです。女性に男らしいところを見せるのは勿論大事です。しかし、女性が求める男らしさは「自分の事を考えて行動をしてくれている事での男らしさ」です。自分の行動が、女性にどんな気持ちを起こさせるのかを考えながら行動すると良いでしょう。相手の話を聞かず、自分の思っている事だけを話してしまう男性がいます。これは、・自分の事を知って欲しい
・自分の話を聞いてほしい
・思っている事を伝えたいという考えから起こるものです。これだけ見ると、「何も悪くないのでは?」と感じると思います。確かに、何も悪いことはありませんし、全て大事な事です。しかし、残念ながらこのような男性は
「相手の話を聞かず、自分のペースだけで話している」これでは、相手はいてもいなくても関係ありません。
話は、相手との言葉のキャッチボールです。ずっと玉を投げられっぱなしでは、相手も嫌になってしまいます。会話を楽しむには、相手の話を聞き、自分の事も話す、という基本的な部分が重要になります。また、自慢話や愚痴をする男性も多くいます。自慢話や愚痴は、基本的に聞いていて心地良いものでは御座いません。しかし、男性というものは「見栄っ張り」ですので、自分の過去の武勇伝を女性に伝える事で、「良い気」になりたい、という無意識の感情から、つい自慢話をしてしまうのです。過去を話す分には問題ないのですが、
「俺、すごいだろ」みたいなオーラが出ていると、女性は嫌悪感を覚え、距離を取りたがるのです。また、男性は、自分が辛い時は誰かに同情してほしい、と考えてしまいがちで、つい愚痴をこぼしてしまいます。この愚痴は、マイナスな感情ばかりを相手に伝えているので、聞いている人は楽しいはずがありませんよね。ただ、女性も愚痴はこぼします。此の際、愚痴がつまらないからと言って、あからさまに面倒そうな態度を出してしまう男性もいます。女性は特に相手に同情してほしいものですので、愚痴を言って同情が得られないことが解ると、急激に距離を開けられてしまう事も多々あります。女性から愚痴を言われた際は、「貴女に興味がある」という態度で、愚痴に対して同情してあげられるように心がけましょう。デート、飲み会などもそうですが、物事を決行する際、常に自分では意見を提示したり、行動を起こそうとしない男性が多く居ます。・自ら率先して行動、決断をする事に躊躇をしてしまう。
・失敗を恐れ、リスクを回避する為・・


posted by 恋愛キューピット at 14:32 | Comment(0) | 恋愛・コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。