彼氏がいる女をゲットする・・

略奪愛の成功法則−彼氏がいる女をゲットする方法

略奪愛の成功法則!
「狙った女には必ず彼氏がいる・・・」 彼氏がいるだけで、好きな女性を諦めていませんか? 実は、付き合っている男性がいる女性を口説くには守らなければならないルールが3つあります。 彼氏の悪口を言わないこと 彼女の便利屋になること 彼女を落とすまでの方法を知ること この3つです。
ただ、この3つを知ってしまえば、面白いほど女の子が付き合っている男性を捨て、
あなたを選ぶようになります。 さらに、彼氏付きの女性すら落とせるようになれば、あなたが好きな女性は
ほぼ落とせるようになります。 なぜなら、 彼氏のいる女性はステキだからです。 彼氏のいる女性は魅力的だからです。 よく考えてみて下さい。 あなたの周りにいる彼氏のいない女性は、どんな方でしょうか? 1、モテないから(ブサイク・性格が悪いなど) 2、理想が高いから(経済力で男性を判断する・ルックスに相当こだわりがあるなど) 3、自由が好き(ズバリ遊び人)
どう考えても、彼女にしたくない女性が多いですよね。
逆に、付き合っている男性がいる、もしくは新しい彼氏もすぐにできる、というモテる女性は、どんな方でしょうか。 1.モテるから(カワイイ・性格がめちゃめちゃ良いなど) 2.理想がそんなに高くないから(男性を中身で判断してくれる・惚れやすいなど) 3.身持が堅い(貞操をきちんと守ってくれる) 先ほどの真逆にいると考えられます。 つまり、彼氏がいる女性はこれほど魅力的で、好きになるのは当たり前なのです。
しかし、先ほどの3つのルールを知らないと、その魅力的な彼女は
あなたをスルーして、どんどん別の男性と付き合いを重ねていくでしょう。 あなたはそれを指をくわえて見ているだけ・・・。 そんな悲しい状態は絶対に嫌ですよね。 そして、彼氏を捨ててまであなたに走るほど強力な、女性を惚れさせる方法です。
ましてや付き合っている男性のいない女性に使えば・・・・。 もう落とせないひとはいなくなると考えて下さい。 略奪愛の方法は、狙った女性を落とすことに優れた 強力なモテ法 と言えるのです。 「彼氏がいるって、そんなに大変なの?口説けば意外と落とせるんじゃないの?」 確かに、付き合っている男性がいても口説けば落とせる女性もいるかもしれません。 しかし、そんな軽い女性を彼女にしたいですか? 仮に落として付き合ったとしても、いつ他の男性に走るか分かったもんじゃありませんよね。
私の略奪愛の方法で理想的な彼女をゲットすることに比べれば、とてもリスクが高いと言えます。 ズバリ、一夜限りのエッチであれば簡単でしょう。
このノウハウを知っている方は、かわいくて友達に羨ましがられるような女性を、 「あなただけに夢中にさせてしまう」のです。 また、モテる男性は必ず、付き合っている男性がいようがいまいが狙った女性は落とします。 当たり前ですが、彼氏もいないような女性は、魅力的ではないと分かっているからです。
ではなぜ、ここまで私は略奪愛にこだわるのか。 それは私の悲しい過去に由来します。
私には「好きで好きで仕方ないひと」がいました。 その子には付き合っている男性がいましたが、「あなたはステキだからきっと彼女が出来るよ」と言われました。
私は確かにモテない方では無かったのですが、その子が良かったのです。
だから、彼女が彼氏と別れたと聞いて、次は自分の番だ!!と鼻息荒く彼女に告白をしました。 でも、「申し訳ないけど、付き合えないよ」と言われました・・・
「がーーーん!!」
そのうち彼女はさっさと新しい彼氏を作って、私にノロけてくれました。
落胆しつつも、その時付き合ってと言ってくれたひとと、とりあえず付き合っていたのですが、
いつも彼女のことが気になって仕方ない状態でした。
当然、そんな付き合いが長続きするはずも無く。 私は彼女のことを思い続けながら、女の子をとっかえ引返していました。 とても虚しい日々でした。 でも、ある日気付いたのです。
私と何となく付き合われた女性も、同じだということに!!
私と付き合った女性達はもっと可哀想です。
愛されてもいないのに、することだけされてしまったのですから。
そこで、なぜ私は他のひとではなく、彼女でなければダメなのか、という点を考えてみました。 好きと言われるだけでは心が動かない、その理由を。
どうすれば、彼女に気持ちが行ってしまっている私から、その女性達は私を奪う事が出来たのか?
そして気付きました。 「好き」と言われるから興味が湧かない のです。 驚きでした・・・ そうなんです。 好きになるには、危うい状況を乗り越えて気持ちが高まる必要があるのです。 初めから好きになられていても、気持ちが乗ってこないのです。 そして、略奪という状態は、気持ちが盛り上がる最高のシチュエーションであることも。
分かってしまいました。
最も女性が興奮し、最も惚れやすい状況なのです。 そこで、自分の気持ちから逆算をして、もう一度あの子にトライしてみました。 今度は、そんなに直球勝負ではないですよ。 すると、これまであんなに私との関係を「良いお友達」で留め続けた彼女が・・

posted by 恋愛キューピット at 14:47 | Comment(0) | 恋愛・コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。